お知らせ

【指揮者変更のお知らせ】サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団(11月12日、13日)

平素はWEBジャパン・アーツぴあをご利用頂きまして誠にありがとうございます。


2018年11月12日(月)、11月13日(火)に予定されております、「サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団」にて、指揮を予定しておりましたユーリ・テミルカーノフは、健康上の理由により降板することになりました。


代りまして、同オーケストラ指揮者(副芸術監督)のニコライ・アレクセーエフが、日本公演の指揮を務めます。


ニコライ・アレクセーエフは、2000年にサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団に着任し、ロシア作品をはじめとする幅広いレパートリーを誇る他、定期的に新しい作品を聴衆に紹介しております。


-----


<対象公演>


公演日:11月12日(月)19:00開演
会場:サントリーホール大ホール
曲目:シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 (ヴァイオリン/庄司紗矢香)
   ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 作品27


公演日:11月13日(火)19:00開演
会場:サントリーホール大ホール
曲目:プロコフィエフ:オラトリオ《イワン雷帝》作品116 (日本語字幕付き)
語り:ニコライ・ブロフ/合唱:東京音楽大学合唱団


-----


指揮者の変更に伴うチケット代の払い戻し、曲目の変更はございません。
ユーリ・テミルカーノフの指揮にご期待くださいました多くのお客様には、何卒ご理解・ご了承賜りますよう謹んでお願い申し上げます。


本件に関する詳細はジャパン・アーツ公式ホームページをご覧ください。
https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=3592



2018年11月8日
WEBジャパン・アーツぴあ